若者の車離れは、所有からレンタルへ変化しているのかな

今若者は車離れがささやかれる中、レンタカーやカーシェアリングなど、自動車の利用方法の選択することが広がっているようです。
自動車の利用頻度や維持コスト、生活エリアの利便性など、それぞれの状況に応じて自動車をうまく使いこなしているようですね。
大方は、自家用車を所有しない人の76.3%が「不要」と回答しています。
必要なら「レンタカーを借りる」33.8%との数字。

将来は、所有するより、レンタルするものへと車の価値観は変化していくもののようです。

こらから自動運転が本格的に導入されるようになれば、尚更でしょうね。

経済的課題を乗り越えるようにすれば、レンタルにすれば、
廃棄する車の問題も、スッキリ解決するね。

流れは、車は所有するより借りるという流れかな。

日記

ものが溢れている時代のマーケッティングとは

ものが溢れている現代は、大きなマーケッティングによる大衆へのPRは余り効果がなくなってきたようです。

何故なら今のものやサービス自体の差なんて、大差がないというのが見解なんでしょうね。

これからの市場への売り込みは、信頼によるところが大きいと見ます。

人との関係性とも言ってもいいのかもしれないね。

ものの差があんまりないのなら、人との関係性が濃いところから商品を購入するようになるというのが、エクスマでいうところの、言い方ですね。

ネットは便利だけどね、こればっかりやっていても、偏った意見・情報収集しかかできなんですね。

そうなると、本とか、別の人とのリアルでの収集も必要ということですね。

スマホが出てきてから世の中大きく変化していきますからね。

ものすごいスピードで変化、変化していますからね。

日記